FANZA大人のおもちゃ50%OFFセール!!(9/8まで)

洋画『O嬢の物語 』フランスの女優「コリンヌ・クレリー」の濡れ場が見られる「官能映画」の古典的名作。

誰にもバレずにアダルトグッズが欲しい

誰にもバレずにアダルトグッズが欲しい!

目次

目次

主演『コリンヌ・クレリー』の洋画の濡れ場

SMがテーマの古典的官能映画。

公開当時25才のコリンヌ・クレリーの美しい裸体が見られる映画です。

開始10分で始まるエロスシーンは圧巻です。
コリンヌ・クレリーはほとんど全裸シーン。あらゆる要求をおっさん男性からされていきます。
老年男性と若い女性の大人な恋愛映画です。

映画『O嬢の物語』の出演俳優

・コリンヌ・クレリー
・ウド・キア
・ジャン・ガヴァン
・アンソニー・スティール
・クリスティアーヌ・ミナッツオリ
・マルティーヌ・ケリー
・リ・セルグリーン
・アラン・ヌーリー

映画『O嬢の物語』のあらすじ

1950年代に一大センセーションを巻き起こしたカルトSM文学を「エマニエル夫人」
のジュスト・ジャカン監督が完全映画化。
世界中で大ヒットし、“エマニエル”、“チャタレイ”と並ぶエロス文学となった。

ある日、Oは恋人のルネに、とある城館へと連れて行かれる。
そこには仮面を被った複数の男たちがいた。Oは服を脱がされ、話すことも、
脚を閉じることも禁じられる。男たちは思うままに縛り、鞭打ちを行っていく。
取り乱したOだったが、やがて現実の世界から隔離していき、徐々に支配される事に
“解放”を感じ始めるようになっていく・・・。
そして城館を後にしたOは、ルネからステファン卿なる人物のところへと連れて行かれ
紹介された。卿の求めに従ってOは、ルネから卿に譲り渡されてしまう。
ステファン卿の持ち物となってしまったOは、さらに凌辱と鞭打ちの日々を過ごしていく。
調教を繰り返されたOは、次第に従順で自ら奴隷となるのだった。

[uNextMovie]

本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

https://twitter.com/avotaku3 でも発信中!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる